釣り具ケース | 釣り具バッグ | 株式会社 日吉屋

トップページ >>> フィールドスタッフ >>> 高田氏の最新レポート

フィールドスタッフ

Vol07.急潮流マダイ!

チーッス!
食欲の秋!もうどうしようもなく飯が美味いです!(笑)
まあ秋とか関係なしに食欲だけは旺盛なフィールドテスターのデブ田…いや高田です!
てか、やっと秋らしくなって来ましたね〜
紅葉が綺麗なシーズンですね〜そして海の中も秋!満開です!

秋の明石エリアはエサ釣りがアツいです!スズキにカレイにマルハギにグレに…魚種も多彩です。でもでも明石と言えば…マダイ!明石鯛です!ブランドです!
そして今回は海の中での紅葉!赤いマダイを狙って来ました♪

場所はマダイが好む地形の平磯海づり公園!急潮流エリアに無数の磯が点在しており、マダイが着くには間違いないポイント!
釣り方は関西エリア限定釣法である「エビ撒き釣り」です!僕は昔から神明エリアで釣りをしていたので、この釣法はルアーより得意かもです!(笑)

 

さてさて釣果は…


47センチ!

食い頃で綺麗な天然マダイです!
サイズ関係なく波止から釣ることに喜びを感じます!
まぐれかも知れませんが、一応ブランド鯛を釣ったので偉そうに書かせて頂きます!(笑)

タックルデータ
磯竿  1.5号 5.0m
リール 2500番
ライン 2.5号
ウキ  棒ウキ1.5号
オモリ タル型1号 B×2
ハリス 2.5号
針   チヌ2号

僕の考えるエビ撒き釣りは自然を演出してナンボです!ですから港湾部でのエビ撒き仕掛とは少し違います。まず違うのはハリスの長さです!僕はハリスを2ヒロとります!
これには理由があります!ハリスを短くするとシラサエビは自由に泳げない状態になり、これは不自然な画です。出来るだけシラサエビを自由に泳がしてあげることを考えないとダメです。
そして急潮流エリアに良くある二枚潮や三枚潮に対応するタメ、ガン玉を均等に2つ付けます。これで仕掛が馴染みます。

次に針!これが一番難しいんすよね〜シラサエビを弱らしたくないので軸の細い針を選ぶのが基本なんですが、ハネではなくマダイ狙いとなれば話は変わります。マダイの口は分厚くて堅いので、小さい針では上手く口にはまらないです。しかし針をデカくすると軸が太くなりシラサエビが弱ります。
難しい選択ですが、僕はシラサエビの動きを重視し細い軸のチヌ2号を選択しました。

後、マダイは上から落ちてくる物にやたらと反応します。ということで誘いは多めにかけた方が良いです!これは間違いありません!

最後に一言!マダイは運も必要です!(笑)


いや〜それにしてもマダイの引きは最高です♪
まずアタリからちゃいます!ウキが入った瞬間に竿を引ったくりますからね〜
後は叩く叩く♪もうマジ最高です!

日吉屋は「FIVE TWO」というルアー系のブランドがメインですが、「HYS」というエサ釣り系のブランドもあります。この「HYS」の商品も宜しくお願い致します。

このページのトップへ