釣り具ケース | 釣り具バッグ | 株式会社 日吉屋

トップページ >>> フィールドスタッフ >>> 高田氏の最新レポート

フィールドスタッフ

Vol06.青物祭り

チーッス!
最近、釣行記を書かずサボり気味な自分を厳しく怒ってくれる人を募集しているフィールドテスターの高田です!
というより釣行記を書きたいのですが、アツいネタがないんすよね〜(泣)
今年の神戸・明石エリアの釣果が悪い! 本当に良い情報がないのです!

そんな釣果の悪い神戸・明石エリアにもアツい時期がやってきました! 9月から10月中旬ぐらいまで続く青物祭りです。この時期になると地元の波止はパチンコ屋状態! 確変中の青物祭りに参加したく、まだ夜が明けていない時間帯からガチガチのショアジギングロッドを持った屈強な男達が釣り場で朝が来るのを待っている状態です。(笑)

神戸・明石エリアでは毎年この時期ぐらいから青物が回遊するのですが、青物はベイトの入りによってかなり釣果が上下します。そこで重要になるのが秋に活発な動きをする台風!台風次第でベイトであるカタクチイワシの接岸量が変わってきます。
そして今年は9月上旬に来た台風によって大量のカタクチイワシが接岸! ナブラ出まくり! こりゃ調査せなアカンな! ってことで今回の釣行記を出せるようになりました♪
まず一つの疑問を解決しておきましょう! 「なぜ台風が来たらベイトが寄るか…」
波が海をかき混ぜるから? 大雨が降ったから? 低気圧だから? 様々な考えがあります。
答えは風! ただの風ではダメです。大阪湾では南風が吹かないとあまりベイトは入って来ません!
台風の進路によっては風向が違いますので、意味のない風に注意です!(笑)

そして今回は、急潮流により抜群の潮目が発生しまくる「神戸市立平磯海づり公園」へ朝イチから調査に向かいました!平磯海づり公園はファミリーフィッシングのイメージがありますけど、ベイトが入ればマダイやシーバスの釣果も上昇します。そしてこの時期、激アツな潮目が発生しまくる東端はショアジギンガーでいっぱいになることも多いです。

 

さてさて釣果は…


エエ感じでした♪

メジロにハマチにツバスに…
3種類のサイズが入り乱れ! マジで青物祭りでした!(笑)
この日の最大サイズは65センチ! ホンマにエエ感じ♪

朝イチはボイルが発生しまくり! いわゆる何投げても食うってやつです!(笑) ボイル発生時はメタル系のバイブレーションならば着水したと同時に表層をタダ巻き、メタルジグならば水面から出ないように表層を横にジャークするかタダ巻き! タダ巻きがメインなんです!(笑) 投げて巻くだけなんで、ルアーさえあれば初心者の方でも簡単に釣れちゃうんです!
ボイルがなくなったら、レンジが変わっています。そういう状況になればメタルジグで底から表層までの全層をチェックし、何らかのコンタクトがあればそのレンジをメタル系のバイブレーションでタダ巻き!このローテーションは間違いなしです!

それにしても青物の引きは強烈で楽しすぎ♪


キレイです!

当然ながら抜群に美味かったです♪(笑)
青物をショアから狙うなら今しかないです! 
朝イチが激アツなんで、日中は捨てて通勤前の1〜2時間勝負ですかね!(笑)
こりゃ毎日が寝不足確定ですね〜

釣りは自然相手の遊びです。自然現象である「風」の動きを考えながら釣りをしてみたら、いつもより良い釣果が出るかもしれませんよ。

これから青物の動きが気になって仕方ないです! 状況によりますが、皆さんも青物祭りに参加してみてはどうでしょう?

このページのトップへ