釣り具ケース | 釣り具バッグ | 株式会社 日吉屋

トップページ >>> フィールドスタッフ >>> 高田氏の最新レポート >>> Vol.02

フィールドスタッフ

Vol02.垂水一文字のデイメバリング

厳しい冬が終わり、少しずつ春の気配が感じられてきました。
今冬は気温が例年以上に下がり水温が安定せず、2月上旬に7度台前半という意味不明な数字を叩き出しました。この時期の楽しみであるメバリングへの影響が懸念されてきましたが何故か釣果は上々!(笑)
色々な理由があると思いますが、メバルの個体数が多いのは間違いないです。

さて今回は春のデカメバルを求めて沖堤へ釣行して来ました。
場所は神戸市垂水区にある「垂水一文字」通称タルイチです。関西屈指の急潮流エリアで一年通して様々な魚種が狙える超有名ポイントです。
そして、この時期になると明石海峡ではイカナゴが回遊します。春のデカメバルのメインベイトはこのイカナゴで、岸近くまで入って来ますが沖堤は岸より先に入っている可能性が高く、春のデカメバルシーズンの先取り的な釣りが出来ます。


この時期はお客さんも少なくてオススメです♪

事前情報で朝一が激アツとのことだったので、一番船に乗り沖向きで釣りスタート!
そして予定通り1投目からバイトが…20センチオーバー連発!
「マジッすか!?」っていうぐらい良型のメバルだらけ!垂水一文字ヤバイです!(笑)ほとんどがフォール中のバイト!完全に高活性モードです!周りのアングラーも絶叫!釣りまくりでした!


楽しすぎです♪

今回は完全なイカナゴのパターンです。一文字の沖側にある砂地にイカナゴが溜まっていたのでしょう。
イカナゴは夜になると砂地で休んでいることが多く、その休憩中のイカナゴをメバル達が襲撃していたんすかね。朝一にバイトが集中したのは夜中にイカナゴを捕食していたメバルの残り組のハズです。
メバルは受け口なので基本的には自分より上のものにしか反応しません。完全にフィーディングモードのメバルには横の釣りより、縦の釣りが有効!軽いジグヘッドのみで、潮に流しながらの釣りが効きます!フォール中が激アツ!

明るくなってくるとイカナゴは沖へ回遊、メバルは際のテトラへという難しい状況になります。際には大量のワカメがあって釣りにならないので、こうなってくると潮目に着いているメバルを捕っていくしかないです。単純な潮目ではなく転流絡みの潮目狙いがアツいです。垂水一文字で転流が発生する場所は東端などが多いですが、日によって違います。そういう時はランガン!足で稼ぎましょう!

ランガン?
ランガンと言えば…日吉屋です!(笑)
結局そういうことです!(笑)

ランガン商品は日吉屋で決まり!数々のアイデア商品を取り揃えておりますので、ぜひチェックしてください!よろしくお願いします!

さて、この春告魚のメバル!食べても最高!今から面白くなりそうです!

このページのトップへ